要素の数を数える

投稿者: | 2020年5月24日
<p class="text"><span>テキスト</span></p>
  <p><span>テキスト</span></p>
  <p><span>テキスト</span></p>
  <p>テキスト</p>
  <script>
    let textClass = $(".text").length;
    let pTag = $("p").length;
    let spanTag = $("span").length;
    window.alert(".textは" + textClass + "個です")
    window.alert("pタグは" + pTag + "個です")
    window.alert("spanタグは" + spanTag + "個です")
  </script>

ページ内の要素を数えることができます。
「特定のclassの要素が存在する場合」といった条件分岐にも利用できるので覚えておくと便利な命令です。