要素を指定してみよう

投稿者: | 2020年5月24日

jQueryのセレクタを理解する

jQueryはCSSのセレクタが利用できます。
そのため、CSSの基礎知識があったほうがより理解がしやすいと思います。

$("p").css("color","red");

jQueryの最も単純な文です。
「どこ」を「どうする」という形になっています。

こんな感じです。
今回は「どこ」を選ぶ方法についての説明です。
このプログラムでは「P」タグの「CSSを変える」という命令です。
()の中身で「文字色」を「赤にする」としています。
HTMLでは要素にidやclassをつけることでその箇所に名前をつけその箇所を指定することができます。

      $(".text").css("color", "red");
      $("#btn").css("color", "blue");
// 指定した場所の色を変える

上記のようにidやclassで場所を指定し命令を行います。