要素の数を数える

ページ内の要素を数えることができます。「特定のclassの要素が存在する場合」といった条件分岐にも利用できるので覚えておくと便利な命令です。

Ajaxを使ってみよう

Contents1 Ajaxとは2 SPA(シングルページアプリケーション)3 Ajax技術を体験しよう Ajaxとは Ajaxという言葉を聞いたことがあるでしょうか?通常Webページは別のページに遷移するときに、ページ… 続きを読む »

文字やHTMLを書き換える

jQueryで文字を書き換えてみましょう。 文字の書き換え テキストの差し替えは.text htmlを含む場合は .html で書き換えを行うことができます。

input を操作する

フォーム関連の操作はプログラムを作成する際にとても機会が多く、重要となってくる部分です。関連の動作は多岐に渡ると思いますが、ここに一例を紹介したいと思います。 Contents1 テキスト入力時にプログラム実行2 情報が… 続きを読む »

情報を取得してみよう

要素に何が書かれているか?入力エリアにどんな情報が書かれているか?これを取得してその他の動作につなげることが多々あります。基本的動作にして王道の命令になります。 Contents1 テキスト・HTMLを取得する2 インプ… 続きを読む »

読み込んだら実行する

jQueryを利用するときは「いつ実行するか」を指定する必要があります。基本中の基本である「読み込んだら実行」をマスターしましょう。 これだけです。忘れると動かなかったりします。 こんな書き方もありますが、大体同じ動作を… 続きを読む »