Ajaxを使ってみよう

投稿者: | 2020年5月24日

Ajaxとは

Ajaxという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
通常Webページは別のページに遷移するときに、ページの切り替え処理を行う必要があります。
ページ内の一部の表示を変更する際にも、いちいち再読み込みが入り表示が遅くなってしまうという欠点がありました。
javascriptではページの一部を書き換えることで、情報の更新を行うことが可能です。
さらに「別のページやファイルから情報をもってきてページの一部書き換えを行う」これがAjaxです。
Google mapもこの技術を利用しており、登場時にAjaxが一気にメジャーになりました。

SPA(シングルページアプリケーション)

google map登場から時が進み、今ではページの読み込みを全く行わずJavascriptの情報更新だけでサイトやアプリケーションを作ることも珍しくなくなりました。
これをSPA(シングルページアプリケーション)と呼びます。
この作りのサイトを作成するときにjQueryがメインで使われることは少なく、reactやvue..jsなどの新しい技術が用いられます。

Ajax技術を体験しよう

Ajaxを使うと、表示が早いなどユーザー体験を向上させるメリットが多数あります。
外部のAPIを利用する際にもよくAjaxから行われるので、とても応用のきく技術です。しっかり理解して利用していきましょう。